オリジナルボトルのご紹介7-「Pathos(パトス)シリーズ」



愛媛県砥部の陶芸作家、坂本明三郎氏とBar Higuchiのこらぼである「Pathos(パトス)」シリーズから【ウイスキートーク福岡2021】オリジナルボトルに2種が登場!

しかも、どちらも「グレントファース」です!


Pathos(パトス)シリーズ第3弾「HAPPINESS」は、 蒸溜所 グレントファース蒸溜所/アルコール度数 64.1%/蒸留年 2009年7月/瓶詰年 2020年/熟成年数 11年/熟成樽 バット#900515/総本数 275本/ラベル作品 坂本 明三郎 氏『かえるじいさん かえるばあさん』


第4弾「NOTICE」は、 蒸溜所 グレントファース蒸溜所/アルコール度数 64.1%/蒸留年 2009年7月/瓶詰年 2020年/熟成年数 11年/熟成樽 バット#900515/総本数 275本/ラベル作品 坂本 明三郎 氏『時の魔女』


本日6月22日AM10:00より下記URLにてお申し込み受付中!

ボトルの詳細もご案内いたしております。合わせてご確認ください。


【お申込みフォーム】

https://www.bottles.jp/ENQ/enquete.cgi?PAGE=3&SHOPURL=https://www.bottles.jp/hpgen/HPB/entries/404.html


今年もウイスキートーク福岡のオリジナルボトル達をお見逃しなく!

23回の閲覧

最新記事

すべて表示